読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ主婦猫 リリ(Lily)の日々

~宇宙人(電波系)の旦那(他星雲へ赴任中)、多感な年頃の娘と、ヤンチャなオス猫に囲まれた主婦猫リリの妄想の日々の暮らし~

気まぐれ主婦猫 リリ(Lily)の日々


~宇宙人(電波系)の旦那(他星雲へ赴任中)、多感な年頃の娘と、ヤンチャなオス猫に囲まれた主婦猫リリの妄想の日々の暮らし~


※アクセス解析中


...。oо○ チラシの裏ブログ ○оo。...




※「当ブログに掲載されている文章、画像等の無断転載はご遠慮下さい」 著作権法(昭和四十五年五月六日法律第四十八号)
※厳禁 : 2ちゃんねる / 2ちゃんねる系まとめサイト

スポンサードリンク


       

琥珀糖(食べられる宝石)を作ろう!

 

こんにちは。

リリです♪

 

 

本日、二回目の更新となります。

ありがとうございます。

m(_ _)m

 

 

今回はを作ったので、記事にしたいと思います!

.+゚ゎくゎく.+゚(o(。・д・。)o).+゚ぅきぅき.+゚

 

 

琥珀糖は “食べられる宝石” とも呼ばれ、とっても美しい、和菓子の干し菓子の一種?みたいです。

(。 ・ω・))フムフム

 

ちょっとした手土産や、プレゼントには良いのではないでしょうか?

 .+:。゙d(・ω・*)ネッ゚.+:。

 

 

f:id:cutekitten03:20160613040822j:image 

 

 

長くなりそうなので、サッサと作り方!

∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!!

 

 

*琥珀糖

 

〜材料〜

 

・糸寒天     5g

・水     200㏄

・グラニュー糖     350g

・シロップ(色、香り付け)     1㏄位

 

 

※作り方

 

1.糸寒天を7時間〜1日水に漬けて戻す(分量外)

 

2.寒天が戻ったら、鍋で寒天が溶けるまで煮る。

 

 

f:id:cutekitten03:20160613041322j:image

 

 

3.寒天が溶けたら濾す(濾した方が、滑らかで透明感が出るみたいです)

 

4.濾した寒天を鍋に戻して、グラニュー糖を加え、糸が引いて来るまで煮詰める(少し時間がかかる)

 

 

f:id:cutekitten03:20160613041710j:image

 

 

5.寒天を煮ている間に、容器にシロップを入れて置く。

 

 

f:id:cutekitten03:20160613041903j:image

 

 

今回は、四種類用意しました。

 

※緑は思ったより色味が悪い様な気がしたので、緑色の食紅を足しました。

 

※使ったシロップ、その他は、これです!

 

 

f:id:cutekitten03:20160613042155j:image

 

 

※色、香りは、お好みですので、臨機応変にどうぞ♪

 

 

6.シロップ、その他の容器に、寒天を流し込んで混ぜる。

 

 

f:id:cutekitten03:20160613042410j:image

 

 

 7.粗熱をとってから、冷蔵庫に入れて冷やし固める。

 

8.寒天が固まったら、切ったりちぎったりして、一週間位干して(表面が石の様に、硬くなるまで)完成!

 

※形は、お好みで!

 

 

f:id:cutekitten03:20160613043448j:image

 

 

画像では分かりにくいのですが、表面が石の様に硬くなった状態がこちら。

 

 

f:id:cutekitten03:20160613043652j:image

 

 

日に透かすと、キラキラして本当に綺麗。

(*'▽'*)わぁ♪☆*.+°

 

 

興味があったら作ってみてください。

(人*´∀`)☆*.+°

 

※糸寒天が、一番透明感が出て、綺麗に仕上がる様です。

(´・∀・`)ヘー

 

〜ランキング参加しています~
 
          ↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


スポンサードリンク


※当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、以下のURLをクリックしてください。
広告 – ポリシーと規約 – Google