読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気まぐれ主婦猫 リリ(Lily)の日々

~宇宙人(電波系)の旦那(他星雲へ赴任中)、多感な年頃の娘と、ヤンチャなオス猫に囲まれた主婦猫リリの妄想の日々の暮らし~

気まぐれ主婦猫 リリ(Lily)の日々


~宇宙人(電波系)の旦那(他星雲へ赴任中)、多感な年頃の娘と、ヤンチャなオス猫に囲まれた主婦猫リリの妄想の日々の暮らし~


※アクセス解析中


...。oо○ チラシの裏ブログ ○оo。...




※「当ブログに掲載されている文章、画像等の無断転載はご遠慮下さい」 著作権法(昭和四十五年五月六日法律第四十八号)
※厳禁 : まとめサイト

スポンサードリンク


       

『カエルの楽園』 〜Japan〜 (ネタバレ含む)

 

こんにちは。

リリです♪

 

今回は、珍しく、一冊の本に付いて思い付いた事を書いてみようかと思います。

この本です!

サッ ( `・ω・)っ

 

 

f:id:cutekitten03:20160706074116j:image

 

 

カエルの楽園

百田尚樹 著

 

※(ネタバレ含みます。興味の無い方はバックブラウザ)

 

*肯定的な批評になるかと思います。

意見の違う方は、閲覧しない事をお勧めします。

 

 

*⑅୨୧┈┈┈┈୨୧⑅*

 

 

本を閉じて、深いため息をつきました。

ε=(・д・`*)ハァ…

 

この本が、なぜ “予言の書” と呼ばれているのかは、読み進めて行くうちに、色々なヒントがたくさん出ていて、予測は安易に出来ました。

辛くなる程に…。

・゚・(P'д`q。)・゚・

 

 

☆・・*・・*・・*・・☆

 

 

※()内は、私の推測です。

 

主人公のソクラテス(哲学者)は、楽園を探して仲間と共に、旅に出ます。

ですが、苦難の多い道程でした。

(∩ω・`*)

 

やがて、ナパージュと言う国に辿り着きます(ここからは、傍観者と言う立場になります)

*ナパージュ ← 日本

(Japan 逆から読むと “ナパージュ”)

 

※最初は、ジャムに似た、お菓子に使うナパージュの事かと思いましたよ(笑)

( *´艸`)クスクス

 

 

そこで、様々な事を体験して行く訳ですが、ナパージュには “三戒” と言う教え(戒律)がありました。

(。 ・ω・))フムフム

 

 

・カエルを信じろ

・カエルと争うな

・争うための力を持つな

(憲法9条)

 

ツチガエル達(日本人)は、それを固く信じ、また、それがあるからナパージュは平和なんだと疑わない。

(´。•ω•。`)

 

 

ソクラテスは、ナパージュの色々な事を調べ、また、事件を目の当たりにする。

。゚(p'д`q*)゚。

 

 

まさに、今、日本が抱えている問題を、カエルに例えて表現しているように見える。

(´・_・`)

 

 

そんな問題が大きくならないのは “ スチームボード” (アメリカ)と言うワシの存在があったからです。

※アメリカの国章は “ハクトウワシ” 

(。 ・ω・))フムフム

 

 

ある日、南の崖(東シナ海)に、ウシガエル(中国もしかするとロシアも?)が侵入して来ます。

(´。•ω•。`)

 

三戒を信じるツチガエル達は “デイブレイク” (朝日論法)の言葉を日々信じ、揺るぎません ← 平和ボケの皮肉?

(´。•ω•。`)

 

※デイブレイク ← 夜明けと言う意味

*(深読みすると…)Daybreak ← Day ← 日← (日本)/  Break ← (壊す)= 日本を壊す…?

(*´~`)ンー 

 

 

そして、最後には、ナパージュは滅びてしまいます。

 ぇ━(*´・д・)━!!! 

 

 

平和を信じる心、三戒のもろさを、物語りを通じて、見事に皮肉っています。

(´。•ω•。`)

 

 

私自身も、自分が知らぬ間に、ぬるま湯に浸かり、平和ボケしている事に、ハッとしました。

∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!!

 

 

どうすれば、ナパージュは滅びなかったのでしょうか?

チャンスは何度でもありました…。

ですが…。

・゜・(PД`q。)・゜・

 

 

※他にも、たくさんの登場人物や、場所が日本と関連付けて表現されています。

(韓国、安倍総理、自民党、民主党、SEALDs?、自衛隊、天皇…)

(´・∀・`)ヘー

 

 

興味深かったのは “ハンドレッド” (百田尚樹)が、ひねくれ者として時々出没し、皮肉めいた事を、チクリチクリと言って行く所です。

※ハンドレッド ← 百と言う意味 ← つまり、百田尚樹 、ご本人?

(*´~`)ンー 

 

 

*主人公のソクラテスは、哲学者のソクラテスは違うのかも知れません。

(*´~`)ンー 

 

“哲学者のソクラテスは、確か最後に処刑されたのですが、最後はそうではありませんでした”

ε-(´ー`*)ホッ 

 

 

この本を手に取った方々は、どう感じ、どうするのでしょうか…。

(´。•ω•。`)

 

 

この本を “予言の書” にしない為に、一人一人が、考え、行動する時なのかも知れません。

(´。•ω•。`)

 

 

・もしも気付くのであれば…。

崖の上(日本国土)を離れてみれば、いかに日本と言う国が狙われているのか?

どう思われているのか?

ほんの少しだけ、考える努力、見る努力をしてみると良いかと思います。

 

 

※敬称略

失礼します。

 

 

〜ランキング参加しています~
 
応援者になっていただけませんか?
いただける
          ↓↓↓

にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへ
にほんブログ村


スポンサードリンク


※当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、以下のURLをクリックしてください。
広告 – ポリシーと規約 – Google