気まぐれ主婦猫リリの日々

~宇宙人(電波系)の旦那(他星雲へ赴任中)、多感な年頃の娘と、ヤンチャなオス猫に囲まれた主婦猫リリの妄想の日々の暮らし~

気まぐれ主婦猫リリの日々


~宇宙人(電波系)の旦那(他星雲へ赴任中)、多感な年頃の娘と、ヤンチャなオス猫に囲まれた主婦猫リリの妄想の日々の暮らし~




...。oо○ チラシの裏ブログ ○оo。...




※「当ブログに掲載されている文章、画像等の無断転載はご遠慮下さい」 著作権法(昭和四十五年五月六日法律第四十八号)
※厳禁 : まとめサイト

スポンサーリンク


       

数年捨てられなかった猫との繋がりのケージを処分した

 

こんにちは。リリです。

ご訪問ありがとうございます。

m(_ _)m

 

 

少しずつ、物を減らす生活に入ったものの、思い切りの悪い私。

(´。•ω•。`)

 

 

煩悩か執着か、増やさない様に、日々、努力はしているのですが、生きていられるうちに、満足出来るレベルに、達する事が出来るかどうか、怪しい ところです。

ε=(・д・`*)ハァ…

 

 

ご存知の通り、自治体には “ゴミの日” と言うものがあり、自治体により、決まった分別をしてゴミを処理していただき、日々、生活しています。

゚.+:。(*-ω-)(-ω-*)゚.+:。ウンウン   

 

 

翌日のゴミの予定を見ると、月に一度の “不燃ゴミの日”

この日になると、脳裏をよぎる物があるのです。

壁∥*゚д゚)ナニ?

 

 

今月は、家族との相談の上、処分する事にしました。

(ノω・。)

 

 

【 以前の猫のケージ 】

 

 

キャリーバッグです。

(。 ・ω・))フムフム

 

 

その猫は、Leap(リープ)と言う、メス猫で、訳あってアメリカで飼う事になりました。

(∩ω・`*)

 

 

その後、18年近く生き、私の輝いていた年月を共有していた、かけがえのない猫となりました。

(´。•ω•。`)

 

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

 

 

f:id:cutekitten03:20170721101616j:image

 

 

数十年前のアメリカのキャリーバッグです。

今見ると、大きいです。

コレを持って、病院、友人宅、ホテル、車、空港、飛行機…。

限りなく、一緒だったんだと思い出し、涙ぐみました。

もう、入る猫はいないのだと、自分に何度も、何度も言い聞かせました。

・゚・(P'д`q。)・゚・

 

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■ 

 

 

猫の事は、何も知りませんでした。

英語も、未だに良く分からないです。

専門的な事は、尚更です。

酷い状態で飼っていたんだと思います。

大好きだったのですが。

。゚(PД`q*)゚。

 

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

 

 

f:id:cutekitten03:20170721102527j:image

 

 

そんなある日、急に帰国する事になり、慌てました。

猫は、手軽で、手荷物扱いとは言っても、生き物ですから(苦笑)

( *´艸`)クスクス

 

 

※犬は、狂犬病、その他の検疫の為、数日は空港で検査がありますが、猫は狂犬病の媒体にならない為、その場で持ち帰れます。

 

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

 

 

引越しの荷物の片付けと、同時進行で、猫の手続きもしました。

海外引越しと、生き物の引越しは、割と大変です。

アワワ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ

 

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

 

 

空港にも、このケージを持って、何度も行きました。

その場で、猫だけダメでは困るのです。

置いて行く訳には行きません。

・・・~(>_<。)ゝ

 

 

f:id:cutekitten03:20170721103546j:image 

 

 

何度も、話し合いましたが、なぜか、その時点でのOKは出ませんでした。

体長が大きく、手荷物はダメだとの事。

ケージにも、問題が多く、最後は、背面に、数カ所の穴を、今のリリ夫に開けて貰いました。

おそらく、全ての方向から、生き物が確認出来ないと、ダメなんでしょうね。

(。 ・ω・))フムフム

 

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■ 

 

 

この穴は、リリ夫が、開けたのですが、頼んでおいて、勝手にビックリしたのですが “上手過ぎ” かなり、驚きましたよ。

Σ(゜д゜艸) エエーッ

 

 

空港のロビーでの、私のドヤ顔に、搭乗手続きの人達も、驚いていました(笑)

(。 ー`ωー´)✧ドヤッ

 

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

 

 

時期は、真冬でした。

乗り換えの度に、雪だらけの猫が、荷物と一緒に流れて行くのを確認して、席に着きました。

十時間以上もの、飛行機の移動の末、成田に着いた時は、泣いて泣いて、私自身が、ボロ雑巾の様だったと思います。

・゚・(P'д`q。)・゚・

 

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■

 

 

その後も、色々な事があり、この仔は、不老不死なんだと、変な錯覚を起こした頃、天命を全うしました。

世の中が、モノクロになった瞬間でした。

ポカ―(o゚Д゚o)―ン

 

 

■+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■ 

 

 

あまりにも、悲し過ぎて、もう二度と、生き物は飼えないと思い、二年が過ぎた頃、ある一匹を保護する宿命となりました。

いつか、又、あの悲しみを繰り返すかも知れません。

でも、今は、今を大切にする事を、リープから教えられました。

ありがとう。

・゚・(。>Д<。)・゚・

 

 

f:id:cutekitten03:20170721105700j:image

 

 

不思議な縁で、又、似た様な猫がいるよ。

私が生きている間は、貴女は、私の心の中に生きているよ。

先程、ケージを処分出来たよ。

でも、貴女の骨の入った、骨壷だけは、ずっと処分しない。

一緒に眠るまでね。

今の、オス猫のきなこも一緒になるかもね(笑)

(*'-'*)エヘヘ

 

 

リリ 

 

 

応援者になっていただけませんか?
(ランキング・ブックマーク・読者登録等)
ていただける
          ↓↓↓


にほんブログ村


スポンサーリンク


※当サイトは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、以下のURLをクリックしてください。
広告 – ポリシーと規約 – Google